2022年6月17日金曜日

このところ、いつものような気が

仕事がものすごく立て込んでいます


なんだかこの頃のブロクはいつもこう書いている気がしてきました....

本当に有り難いのですが、心苦しい気持ちです。

去年はものすごく忙しかった。

今年はそうでもないかな?と思っていた1,2月。

3月からどんどん忙しくなりました。(先方の予定で仕事がずれてきたのもあります)

本当に有り難いのですが!今現在、決まっている仕事でもいつ入れるかわからない状況です。


碧南市S様邸の先日の様子




先日も長いお付き合いの碧南市S様邸に 伺った際にお忙しいですか?と聞かれました。

私「はい。おかげさまで」

S様「良かったですね」

私「でも、お客様には良くないです...」

S様「え?」

私「頼んでも全然来てくれないと思われているはずです...」

S様「順番でしょ?」


基本依頼順ですが新規工事に加え、年間の管理仕事もあります。
私達の仕事は季節が重要なので時には順番を入れ替えないと植物に良くないことがあります。植物より人間でしょ!と思うお客様はほとんどいないとは思っているのを前提であえて書きますが、植物を優先することはその人達を結果として気持ちよく過ごしてもらうことに繋がります。

植物にとって良い季節に植えたり剪定したりすることは植物に負担が少ないのでその家の人達にも負担が少なくなります。(調子が悪くなったとかのリスクが軽減されます)

とはいえ、お待たせするのは気が揉めます。

そして植物には大切ですが今は梅雨。

梅雨明けまでに植物を植えられなかったお宅は秋以降の植栽になっていきます。

2018年に作らせて頂いたO様 先日はじめての剪定に伺いました


心から申し訳なく思っています。

他の人たちにも手伝ってもらっていますが、その日に動く現場は1箇所。

自分がそこにいなくては納得行かない箇所が出てきます。


折角のご依頼。

スピードより内容だと思っています。


となると頑張っても中々進まないんですよね.....






2022年5月13日金曜日

田んぼ

父が育ったのは岡崎市でも川を挟んで豊田市と隣接する山間部です。
 私が山で植木を植えている畑の入り口に今は亡き叔父さんの田んぼが3反あります。

 近所の人が田んぼをやっていてくれたのですが2年ほど前から他の田んぼに移ってしまいました。 
私の従兄弟たちは田んぼに興味がなく荒れ始めた田んぼ....。
イノシシにボコボコにされてました...


 密かな夢の一つにこのあたりの風景を私が見ていた子供の頃の美しい里山に戻したいというものがあります。
 山の整備もそうですが田んぼが荒れていくのを見るのが辛い。
 しかし、それらを行う時間が圧倒的に足りない。 
そこでコロナで資材が中々入ってこず開店休業状態に近い欧州建材さんに田んぼやってよと声掛けしました。


 そんな気分になれないといっていたのですが1年掛かりましたが今年はやる気になってくれました。 



 しめしめと思っていた矢先にプチ事件が。
 父も1反ほどの田んぼがあります。
 仕事が忙しいのを理由に田んぼは依頼して作ってもらっていました。 


 しかしその人が体調を崩して継続不可能に...。
 やる気になってくれても街生まれの街育ちの欧州建材さんにさあどうぞ!あとはよろしく! とは言えません。

 叔父さんの田んぼと父の田んぼ。

 これも何かの運命かも。 

 と田んぼデビューとなりました。


 植物の仕事といっても田んぼは初めて。

 なんにもわかりません。
 道具だって何もない....。 

父は長男ではないので山から出て70年以上。
 私はここでは育っていないので知り合いもいません。 


 それでもなんとか父のつてを探し出し、挨拶に伺い道具は貸してもらえることになりました。 その人達の笑顔の素敵なことと言ったら!!!
 今まで山にいってもみんな知らない人でしたが少しづつお知り合いが増えてきています。


 そうするともっともっと山を美しく、田んぼも頑張ろう! とモチベーションも上がってきます






 田んぼを始めようと決めたときが遅くこのあたりで作られているミネアサヒという品種は締め切りで今年は植えられなく、あいちのかおりという品種を植えることにしました。 

これは植え時期がミネアサヒより遅いので周りの諸先輩方の田んぼを観察しながら作業が出来てよかったのかな?と思っています 

54枚もらってきました






 田植えは今月22日の予定です。

2022年5月1日日曜日

GW

 5月1日~8日までGW休みにしました。

休みとは言ってもあくまでも現場が動かないと言う事ですが。

世間では4月29日からGWが始まったようで翌日30日は道が大渋滞でした。

その日の現場が岡崎市内のイオンがある地域の為周りが動かない…

多くの人にとってGWは休みなんだなぁと実感した次第です。

30日の現場 隣地が更地になり売り出された土地を購入されました 先人の残したシラン


私にとってのGWとは山の作業と冬物と夏物入れ替え、大掃除を意味します。

遊ぶ事は考えてない、いや考えられない。

前回のブログでも書いたように通常は平日(月〜土曜日)現場、日曜日打ち合わせと言う事が多いのでほとんど休みがありません。悪い事に雨は偏頭痛のため大抵動けず寝ています。(薬飲めば良いのかも知れませんが薬は飲みたくないのです)

なのでGWは遊ぶのではなく、仕事以外の事をやる日々。

しかも、今年から田んぼ始めたので(ブログに書いていませんでした。この休み中に書きます!)更にやる事は増え…

オオヤマレンゲ 昨年リフォームさせて頂いたお宅で咲きだしました。


4月は仕事や、雨で一回しか行けなかった乗馬もGWには行きたい!

3.4.5日は山&田んぼ作業予定なので乗馬は2、6.7日。この日に毛布やコタツ布団など洗って干して!大掃除!天気予報がありがたいです。

本日1日は植木市場の予定でしたが、雨で体調が悪く家で寝ていました。

8日は打ち合わせ。


あっと言う間に休みは消えそうです。





2022年4月24日日曜日

嬉しいなあ

すっかりまた日にちが空いてしまいました。

平日は現場、日曜日は打ち合わせという日々が続いています。


HPにも掲載させていただいている高浜市W様が引っ越しされました 

仕事の関係で高浜市は不便だということで豊田市に移住。

最初の家は自分たちで庭造りをして納得いかない→リフォーム依頼でしたが、今回は一切手をつけずご依頼いただきました。

前の家は注文住宅でしたが今回は分譲住宅を購入。

ご本人たち曰く、素人が色々口を出すと使い勝手が悪く変なところにこだわって高くなってしまうから分譲のが良かった。


分譲のプラン


なるほど。

ある意味正解かもしれないなあと思いました。

分譲住宅なのでもちろん庭も簡単ではありますが作ってあります(正確には木が植わっているでしょうか)

同じ方に2度庭を作らせていただくのは初めてのことですが、好みはわかっていますしとても考えやすかったです。

考えやすいといってもこんな感じが良いとは思ってもそれをどう収めるか考えるのは毎回同じくらい大変です(この大変なことを考えるのが好きなのですが)

プランをお持ちしてとても気に入っていただけました。(と思います)

ご家族のことを考えたプランは金額的にはあまり優しくないものに....。

私は最初に予算を聞くということはしません。

予算を聞いてしまうとそれにとらわれて、そこに一番良いと思うプランが考えられなくなってしまうからです。

お金のために仕事をしているわけではありません。(ただ、いただかないと私も暮らしていけないのですが)

依頼してくださった人が私に頼んで良かった!と思ってくださり喜んでくださる笑顔が一番のご褒美として仕事をしています。


毎回言うように庭は住宅と違って完成していなくても住んでいけます

予算が合わなかったら工事を何回かに分けても良いですし、変更も出来ます。

ただ、幸いなことに大抵私のプランとお客様の予算がものすごい違うということはありません。

話は戻しプランの中で金額的に幅をとっている部分についてご主人が言われた言葉。


「これをなくしたら杉浦さんに頼む意味がない」

ものすごく感激しました。

仕事していて本当に有り難い言葉です


施工前の状態 どう変わるか?


工事に入れる時期は未定ですが(順番的に)実際に形になってまた喜んでくださるのを楽しみにしています











2022年2月13日日曜日

植物のご機嫌

 植物を見てると健やかなのか、そうでないのわかります。(恐らく)

そのままで良いのか何かしてあげるべきなのか…

お客様はよくわからないようです。

何でわからないのか不思議だったのですが、理由がわかりかけて来たような。

オオイヌノフグリ


乗馬を始めて5年目に突入しました。ずっと馬が何を考えてる全然わかりませんでした。

先生に聞くとわからないのがわからないと言う感じ。

だって基本いつも同じ顔してるように見える…

色々な本を読んでみたりネット検索してみたり。

でもよくわかりません。

更に先生に聞くと本なんか頼らないで目の前に先生(馬)がいるじゃないですかとの返事。





....全くわからないなりにとりあえず観察。

いつも同じ顔してる…

嬉しいの?嫌なの?

はー全然わからんわ。


と思っていたのですが、ふと最近何となーく嬉しそう、不機嫌そうと感じている自分に気がつきました!

!!!

これって見続けたお陰?


!!!!

咲き出した白梅

植物見て状態がわかるのとわからないってこれ?


と腑に落ちました。

そうだよね。生きているんだもん。

人間や犬、猫のように捕食する生き物でない場合は

わかりやすい意思表示はしないかも知れない。

でも生きてる。

それなりの表現はある。

けれども、それは微かな表現。

それを受け取るには見続ける事が大事。

受け取る側の度量が必要。

石の上にも3年。

昔の人は良いこというなぁ。


私は3年以上かかっていますが入り口が見えました。

常にお客様に行っていることは「まず、植物を見てください」自分がどうしたいかではなく、相手が何を考えているのか。

馬と同じじゃないですか。


人の助言を受けたり、本を読み漁るのも悪い事ではないと思います。

でも本当でないことも書かれています(特にネットは)

本当に大切なのは見る、見続ける事。

わからなくても。

そうすると少しづつ見えてくる。

五色椿


目の前にあるのは一番確実な先生なのですね。

生き物はみんなそう。

生きたいんです。

植物を見ているとこのことを感じます。







2022年1月8日土曜日

明けましておめでとうございます

2022年が始まりました。


毎年年末は心の余裕がないので現場は10日までお休みしています。

今は新しいプランを作ったり、本来なら山での作業があるのですが今年は雪が降ったり(昨日も山にいきましたが道路に積雪があり断念)で山作業は進んでいません....


乗馬も今年で5年目に突入します

5年目になってもまだまだ初級....。

基本現場が休みの日曜日しか行けないのですが、長期休暇は別です。

今年は3日に初騎乗しました。

日曜日は打ち合わせになることも多く行けない週もあります(天候によってレッスンが中止になることも!)

今月も16日、23日は遠方の打ち合わせなので行くことは無理。

けれど、好きな仕事をさせていただき、長年の夢だった乗馬もできる。


我が家の子になってから何年も咲かなかった蘭が咲きました!


有り難いことです!

今年もお会いする全ての人が笑顔になるように努力していきたいと思います


どうぞよろしくお願いいいたします











 

2021年12月12日日曜日

年末剪定

 年末の剪定業務に勤しんでおります。

大変心苦しいのですが、工事はお休み中です。

以前のブログでも書きましたが、剪定依頼はやはり年末に集中します。

毎年この時期に伺うお宅も多いです。

私は一年ぶりにそこの植物に再開するのですが、同じく去年の自分にも再開します。

なんで、去年の自分はこんなところ切っちゃったんだ?とか、そうそう来年はこの箇所を切り戻そうと思ってたんだとか去年の私に出会います。

不思議な感覚です。

ビナンカズラの実


剪定しているとどこをどのように切るんですか?と割合聞かれます。

そうすると、的確な答えが見つからず「適当です」とお答えするのですが、当たっているような当たってないような。


理想は見た瞬間にこの枝を切るとこの枝が伸びてそれからこっちが邪魔になるから次回はこっちを切ってと数年の樹形が思い描けることなのですが、そうなるのは稀で心のなかであーでもないこーでもないと悩みながら手を入れています。(ごくたまに神が降りてきてす〜っとわかるときもあるのですが)

そして、木々は人間と同じようにそれぞれ違いますし、その場所場所でそれぞれ必要な手入れは変わります。答えはあったとしても正解は一つではないのです。

なので凄く楽しいのですが、凄く難しい。

そんな心の葛藤を簡単に説明できないので「適当です」という答えしかできないのですが.....。

今年初暖炉で温まる茶々


本当は考えていますよ〜。