2017年12月11日月曜日

剪定 

毎年、11,12月は剪定作業がメインになります

色々な色? 黄色が入ったほうが好きです
剪定のことは私は手入れと言いますが、本当に手入れ。


作らせていただいた庭。
そうでない庭。


年に何回も入る庭もあれば年一回の庭もあります。

年一回のお宅はその家の方との再開もまた楽しいものです


そこで思うこと。

管理は本当に大事です
どんな木を植えるかも大事ですが、その後の手入れ次第で植えた木が本当によくなるのかどうかは手入れ1つにかかっています。


手入れ前

当たり前の話ですが植物はずべて生きています。
大きくなったから、とりあえず、切る。
ではよくなりません。
変なところで切ればそのように伸びていきます

植物は一年単位でサイクルがあります。
そのサイクルを考えながら今年はここを切って、来年はこの部分を....と私たちは考えて手入れをしていきます。
当然ですが何も考えずに切っているわけではありません。

手入れ後 管理を始めて4年目 落ち着いてきました
自分で植えることはありませんが松の手入れ好きです
お家の人が切ると、今の時点でここが邪魔だから切ったということがあります。

それでは後々、人間も植物も困ります。

これからのことを考えて手を入れなくては植物が可哀想です。
植物が健やかに成長し、その家で邪魔者にならないように手助けをしていくのです。



私は高所恐怖症で高いビルや展望台なんて一生行かなくて良いのですが、木に登るのは平気です。
木に登って手入れをしていると不思議な安心感があります。
まあ、人が登れるくらいの木なわけですから大きくて太いせいもあるのですが、なんか安心する。
木々たちの気をもらうのかもしれません。


こんな紅葉も京都に行かなくても見られます
庭を作ることもワクワクするけれど、手入れでそこの木々たちが心地よさげに成長していくのを見て、体感できるのもワクワクします。


年末は手入れでワクワクを感じながら過ごしています。

余談ですが、今年は予報通り寒くなると思います
カマキリの卵が例年より高いところに産み付けられているからです
さて、当たるでしょうか?










2017年11月30日木曜日

あわわ

今月が終わってしまいます…

10月の長雨のせいか、ものすごくバタバタしてブログのアップ目標月3回どころか、出来ずに終わりそうでした。

11月中にお願いしますね〜と言われていた仕事も完了出来ずに12月へ…

ご迷惑をおかけして皆様、本当にすみません!
(仕事はご依頼順です)

昨日、11月中での依頼に滑り込みで剪定のご連絡をしたM子さまから、ブログも更新されてないから病気かと思っていました。と言われてブログ更新出来てないことに気がついた次第。

書きたい事は結構あるのですが、時間がない。
(寝る時間は確保してます。)
ツイッターとかと違い(知りませんが)パパっとは書けません。

現場はぎゅーぎゅーですが、紅葉も楽しみ、手入れを楽しみ、新しい発見をしながら12月を迎えます。




紅葉もよいけれど、こんな晩秋も好きです

2017年10月22日日曜日

台風と蜂の巣 自然との対話?

台風が来そうです

21号が来ると、このあたりでは今年2回めの上陸となります。

非常に大きな台風なので来てほしくはないですが、やっぱりかという気持ちもしています。

というのも、今年の蜂の巣は場所が通常と違ったからです。
私達の仕事は夏の間は日常的に蜂の巣に遭遇します。

以前にも書きましたが、アシナガバチはこちらが巣を刺激しない限り襲ってはきません。
なので、蜂の巣を見つけても触らないことが蜂にさされない最高の方法です。

剪定などで現場に伺うと蜂が巣を作りそうな場所では目視はもちろん、生け垣など中が見えない場合はホウキなどで確かめます。

今年はいつも巣がある場所でほとんど蜂の巣を見かませんでした。
蜂の巣が下のあたりに作られると台風が来ると言われていますが、今年は下に作るというより、とにかく変な感じでした。


うまく表現できないのですがなんか、おかしいって感じ。


それを感じたのは私だけではなく他の何人に聞いてみましたが、みんな「なんか、変」
と言っていました。



何年かの時を経た点と点が繋がったサンダルソープ ものすごく良い香り



毎年、毎年蜂の巣を観察していて、わかることだと思います。

ただ、わかるからといって何かできるわけではないのですが......。


自然との対話?

大事なことですね








2017年10月4日水曜日

電話番号がわかりません....

ブログにこのことを書いて意味があるのか、少し疑問ですが.....


先月、28日に留守番電話くださった碧南市のYさま....
お電話くださいとメッセージを残してくださいました。

けれど、その連絡先を入れてくださっていないので私からは連絡できません。
(世間ではナンバーディスプレイが標準化なのかもしれませんが、うちは違います)


一番大事なことを忘れていらっしゃるのが、好感持てました
....私がいつもそうなので。

もし、ブログ見られたら、今度は連絡先教えてくださいませ
ただ、ほとんど留守なのでメールのが確実かもしれませんけれど.....


今日は連絡なので、もう秘密にしておこうと思っていたアイルランドの写真おまけで載せますね
クリックすると大きな画像で見られます


イニッシア島に行く前knockという村のかわいい農家

朝焼けが美しい


思いっきりカメラ目線のロバくん

島のカフェ 入り口

galwayの引き潮 

2017年9月28日木曜日

帰国しました 石積みの旅

アイルランドから帰って来ました。
後ろ髪をギューギュー引っ張られながら…

アイルランドではたくさんの虹に会いました しかも全部途切れていない完品がほとんど
今回の目的のアラン島。
想像通り、それ以上という感じでした。

畑を作るようの海藻も干してあります


アラン島は3島から成り立ちます。
多くの人が訪れるのは一番大きな島イニシュモア島。
私が船に乗る時もたくさんの人がイニシュモア島への日帰りチケットを買っていました(旅行者はアメリカ人が多い)

私が訪れたのは最も小さいイニッシア島。
人口250人の島です。
信号なんてもちろんありませんし、車の乗り入れも制限されているので島での移動は徒歩かレンタルバイク、もしくは馬車。


着いた当日、ワークショップの初顔合わせがあると言う場所にいったら、「場所が変更になりました」の張り紙が…

って、それはどこ?と見回すと明らかに明日からここで石積みしますって感じの場所で作業するおじさん発見。

場所教えていただき、講師陣の話を聞きました。

あくる日、作業開始。
経験者と未経験者に別れました。
今回は私と甥で参加したので、私は経験者チーム。
甥は未経験者チーム。
金髪のおじさん


私は経験者チームで先生に「んん?君は初心者かな?」と聞かれ「違いやすっ!あては初心者ではないっす!」って答えたのが良かったのか全ての人に自己紹介する羽目になりました。
唯一の東洋人。
皆さんすぐに名前を覚えて下さいました。
参加者はアイルランド人が一番多いのは当たり前ですが、アメリカ、カナダ、ドイツ、オーストリア、スイス、イギリスと他方から

昨日、場所を教えてもらったおじさんもいました。
トラクターに乗っているので、島の人だろう。時々手伝ってくれてとっぴょうしもない積み方をして去って行くので後が積みにくく、腑に落ちない思い満載。
おじさんの青いトラクターは一台しかないので遠くからでもよくわかります

石積みは緩くとても面白い。
島独自の積み方もあるのですが、アイルランド人はゆるい。楽です。
島は小さいので、パブに行っても、宿泊先でも石積みはどう?と聞かれます。
みんな石積みの様子を見に来て、私達は東洋人なので、覚えやすいのでしょう。

滞在時も2組の日帰り東洋人を見た限り日本人は来ませんでした。
(大抵、私が行きたい場所で日本人に会ったことはないのですが…何故?)
おじさんの相棒オッドアイのボーダーコリーものすごく賢い


朝は早く起きて、借りた自転車で甥と島をうろうろし石積みを観察しながら、石積みへ!

本当に美しい島。
島での足、自転車をかっ飛ばすおばさん(私)
全く飽きない。

最終日の朝、いつものように自転車でうろうろしてると例のトラクターが!
ジモピーのおじさんです。

手を挙げて挨拶すると、手を振ってくれます。
覚えてくれてる!

すっごく嬉しい。

このワークショップは既に10年以上続いています。
毎年参加している人も多いようです。
来年も参加します!また来年会おうね〜とみんなと別れた後にダブリンに戻り、島は良かったね〜寂しいね〜とイニッシア島をチェックしていると!

イニッシア島のおじさんは島の伝説の男、ポーリックと判明。


すごい力持ち 私の携帯の待ち受け画面に採用されています

テレビ(アイルランド)でもフューチャーされている人でした。
本当に自然体で魅力的な人です。

以前の彼の石積みをみるとすごく美しい。年月を経て、これで良しとなったのでしょうね。

島で生まれ育ち、島を愛する男。
アイルランド語(ゲーリック)で話し、英語の字幕付き画像ですが良かった見てみてください。全4話です
島の様子も見られます









2017年9月11日月曜日

アラン島へ

12日〜25日まで留守します

アイルランド行ってきます。

今回の目的はアラン島。
もうずうっと行きたかった島。

多分、20年くらい前?にテレビで見た土のない石しかない島。
石が風化するのを待ち、昆布を敷き長い長い年月をかけて土を作る。
出来る土は僅かに数センチづつ。

苛酷な土地。

アラン島はアランセーターでも有名な島。
荒波の中、小舟で漁に出ると遭難する危険も高い。
海で遭難した人は身元が判断しにくい…

そのために各家庭ではうちの人と判るようにそれぞれ違った柄のセーターを編む。

前回のアイルランドでも行きたかったのですが、最初はガララス礼拝堂に行きたかった!
その後に島に渡るのは時間が掛かり過ぎます。

1000年くらい前の石積みのガララス礼拝堂


今回はアラン島へ。
調べるとなんとドライストーンウォーリングアソシエーションアイルランドが石積みのワークショップを開催予定。

これは、何かのご縁としか思えません。

コンタクトを取り、ワークショップに参加出来る事になりました。

また、ブログでもアップしますが
スマートフォンの方はインスタグラムにはリアルタイムでアップする予定なので、良かったらgenius_loci_jpを検索してみてください。


欧州建材さんの奥方に何しにアイルランドへ?と聞かれ、石を見に…と言ったらニッチだね〜と言われました…

何故か、でも、どうしてもケルト文化圏の石積みに惹かれるのです。







2017年8月31日木曜日

HP お問い合わせ

HPのお問い合わせ欄の設定が間違っていた事が判明…

もし、お問い合わせくださっていても、返信がない場合があったかもしれません。

大変申し訳ございません。
 届いていませんでした。


ハゼ釣りに行って、同僚のヒロが釣り上げたワタリガニ

設定修正、完了しました。

HPのサーバーをリニューアルとともに変えたら、メール受信の調子が悪い.....
困ったものです